脳性麻痺相談室

Orthopaedic clinic for Cerebral Palsy

with introduction to

"Orthopaedic selective spasticity-control surgery"


Welcome to my Website

松尾 隆

院長
南多摩整形外科病院

機能改善病院

Takashi Matsuo, M. D.

Chief of Staff

Minamitama Orthopaedic Hospital

Click Here for English Page

  • はじめに
  • :南多摩整形外科病院に移りました(2003.2. )。
  • 新聞報道の中から
    たけちゃんが歩けた
  • 脳性麻痺とは
  • 自己紹介
  • 私の書いた本
  • :整形外科的選択的痙性コントロール手術の紹介(2002.8.23)
  • :英語の本を出版しました。Cerebral Palsy-Spasticity control and         Orthopaedics(2002.11.13)
  • 第13回小児整形外科学会を終わって(2003.1.8)
  • 整形外科医の参加を待っています(2003.2.22)
  • 肩や肘の機能改善(リーチ機能の改善)
  • 肩と肘の手術(腕が使える、御飯が食べれる)
  • 手の巧緻性、随意性は獲得できるか?肩や肘の機能改善
    手の巧緻性・随意性も改善できる(新聞の紹介の中から)
  • 痙性とは
  • 痙性とはなに・学生さんとの質疑
  • 後根切除術は安全な手術なのでしょうか(わたしの疑問)(2001.6.26)
  • 後根切除術への疑問(力は弱くならない?)
  • ボツリヌス筋毒素注射への疑問(2002.10.9)
  • 選択的後根切除術を受けた方を拝見して(2003.7.28)
  • 脳性麻痺受難
  • :てんかんの治療・新しい展望
  • :股関節周囲筋解離術(自分で坐る能力を高めるために)
  • :支えられて立つだけが機能改善ではない
  • :開きっぱなしの股関節
  • 催眠薬・睡眠剤のこわさ
  • 催眠剤について知っておきたいこと
  • 精神安定剤の功罪(2001.7.1)
  • 脊椎.脊髄障害
  • シリーズ:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 1つの治療の考え方(2004.10.27更新)
  • アテトーゼ脳性麻痺の頚椎性脊髄症のこわさ
  • 地獄からの生還(脊髄症のこわさ続編)
  • :手がしびれる(アテトーゼ神経根症とその治療)
  • :頚髄症(頚椎性脊髄症)の治療(その2)
  • :頚髄症(頚椎性脊髄症)の治療(その3)
  • :脊髄症の方への御返事
  • 脊髄症の治療(運動分析による評価)
  • 脊髄症治療最前線(MYさんの脊髄症)
  • 頚部筋解離にも二つの方法が報告されています。(2001.7.2日更新)
  • 頚椎症を治療した方々からの便り(2002.9.14更新)
  • 患者さんからのお便り(2002.9.14更新)
  • 顔がはっきり整い美しくなった(2003.1.31更新)
  • ハローなどを使わない、優しい前方固定術も育てています(2002.12.9更新)
  • シリーズ、アテトーゼ頚椎症性頚髄症の治療1、後方除圧手術の問題点(2004.10.30更新)
  • シリーズ、2、前方除圧固定術、もう一つの手技(2004.11.13更新)
  • シリーズ、3、選択的頚部筋解離術を考えて見ましょう(2004.11.20更新)
  • シリーズ、4、二つの異なった筋解離術(2004.12.21更新)
  • シリーズ、5、ポツリヌス注射では頚部の痙性は十分にとれない(2004.12.21更新)
  • シリーズ、6、患者さんからのお便り(2004.12.21更新)
  • 側弯症(背中の曲がり)の治療
  • 上向きに寝れた
  • 背中のねじれ、曲がりを治す:呼吸が楽になる(2001.7.18更新)
  • 背中のそりを治す、呼吸、発語、嚥下が容易に(2001.7.26更新)
  • ある患者さんのお母さんのメモ 側彎症手術の経過(2003.1.31更新)
  • 肩関節障害
  • :肩のいたみ
  • 股関節障害
  • 股関節脱臼と痛み
  • 字が書けるようになった。歩けるようにもなったよ(2001,8.10完成)
  • 股関節脱臼のこわさ
  • これ以上悪くなるのを見過ごさないで
  • 機能の悪くなる手術もありそうです
  • ストレッチ訓練の功罪
  • 足が短くなった。(2002.8.23)
  • 曲がった膝をのばす
  • ○○○ ○○○  くん(2003.1.31更新)
  • 股関節脱臼の治療(北里大学整形外科学糸満教授の御協力による)(2003.1.31更新)
  • 骨切り術は必要ですか?(2003.9.9更新)
  • 麻痺性股関節脱臼の特徴と治療(2003.9.9更新)
  • 胃瘻、気管切開と股関節脱臼(2003.11.27更新)
  • 足部障害
  • :私の誇り(社会性のついたKNちゃん)
  • :足の手術: 末梢の小さな手術? 
  • :先生はやく歩けるようにして
  • 足の手術。KMさんの歩行分析
  • :足の手術とはどのようなもの
  • 機能訓練
  • 脳性麻痺と機能訓練
  • 愛護的訓練が必要です
  • :尖足と重い装具;リハビリテ=ション医学論
  • 赤ちゃん
  • :療法士のみなさんへ
  • :あせらないで
  • 症状の重い方々の治療(沢山あります)
  • 重い症状のお子さんの股関節脱臼の手術
  • いい治療はありませんか
  • 手があったかくなった(重症心身児・者姿勢を治す)
  • 障害を持った方々を支える仲間
  • とねっこ保育園
  • 千田さんと保育園の仲間
  • :とねっこ保育園のこども(HKちゃん)
  • :とねっこ保育園のこども(YOKちゃん)
  • :とねっこ保育園のこども(RHちゃん)
  • 機能改善医療に取り組む仲間
  • :和田先生の紹介
  • :根っこの会とその活動(2002.9.19)
    :南多摩整形外科病院(2002.8.23)
  • 肢体不自由施設とは
  • 粕屋新光園の紹介(麻生渡福岡県知事聞いて下さい)
  • 支えて下さい(福岡県保健福祉部長へのお願いとともに)
  •  私の青春をかえして(交通障害と保証)
  • :障害者を痛めつけないで
  • 二次障害を克服する
  • その1:あきらめないで(2000,11.30更新)
  • 機能改善医療を始めます
  • 再開です。
  • その後の南多摩整形外科病院の活動(2003.7.4)
  • 脳卒中の治療
  • 脳卒中も治りますよ
  • 脳卒中も同じ考えで治るのですよ。(2003.5.11)               拙著「マヒ治療のカルテ」『西日本新聞社出版』から(2003.5.11)
  • 南多摩整形外科:脳卒中手術ー第1例目(2003.7.17)
  •    
  • リンク集
  • お便り色々
  • :叔母さんからの手紙(2002.12.27)
  • :福岡の方から(2002.12.27)
  • 専門コーナー
  • 股関節脱臼はどうして起こる(2003,7,4)
  •  

    ホームページの続きは南多摩整形外科病院でも御覧になれます。
    http://www2.tba.t-com.ne.jp/minamit-seikei/

    2002.9.14日更新、頚椎症を治療した方々からのお便り
    2002.9.14日更新、患者さんからのおたより
    2002.9.19日更新:根っこの会とその活動
    2002.9.21日更新:御参加 ください(求む、積極的な仲間を)
    2002.9.21日更新:再開です。
    2002.9.21日更新:脳卒中も良くなりますよ
    2002.12.27日更新:叔母さんからの手紙
    2002.12.27日更新:福岡の方から      
    2003.7.4日更新:その後の南多摩整形外科病院
    
    
    ホームぺージ()
    南多摩整形外科病院、治療について、をみてください。http://www2.tba.t-com.ne.jp/minamit-seikei/
    
    2002.10.1日更新:選択的後根切除術への疑問(力は弱くならない?)
    2002.10.9日更新:ポツリヌス菌毒素注射の恐ろしさ
    2002.11.13日更新:英語の本を出版しました。
    2002.12.27日更新:叔母さんからの手紙
    2002.12.27日更新:福岡の方から
    2003.1.31日更新:ある患者さんのお母さんのメモ:側彎症手術の結果
    2003.2.1日更新:000 000君(股関節治療)
    2003.2.1日更新:股関節の治療(北里大学整形外科学糸満教授の御協力を得て)
    2003.2.22日:整形外科医の参加を待っています
    2003.5.11日更新:脳卒中も同じ考えで治るのですよ。
            拙著「マヒ治療のカルテ」『西日本新聞社出版』から
    2003.7.4日更新:専門コーナー;股関節脱臼はどのようにしておこる?
    2003.7.4日更新:その後の南多摩整形外科病院
    2003.7.17日更新:南多摩整形外科:脳卒中手術ー第1例目
    
    更新されました。
    
    痙性とは、の項を参照
    2003.7.28日更新:選択的後根切除術を受けた方を拝見して
    
    股関節の項を参照
    2003.9.9日更新:骨きり術は必要ですか?
    2003.9.9日更新:麻痺性股関節脱臼の特徴と治療
    2003.11.27日更新:胃瘻、気管切開と股関節脱臼
    
    頚椎、脊髄障害の項
    2003.12.9日更新:ハローなどを使わない、患者さんにやさしい前方除圧固定術も育てています。
    2004.10.30日更新:シリーズ1:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 後方除圧手術の問題点
    2004.11.13日更新:シリーズ2:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 前方除圧固定術、もう一つの手技
    2004.11.20日更新:シリーズ3:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 頚部筋解離術も考えてみましょう。
    
    
    2004.12.21日更新:シリーズ4:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 二つの異なった筋解離術
    2004.12.21日更新:シリーズ5:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 ポツリヌス注射では頚部の痙性は十分にとれない
    2004.12.21日更新:シリーズ6:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 患者さんからのお便り
    
    上肢の機能改善の項
    
    2004.12.21日更新:肩と肘の手術:腕が使える、御飯が食べれる
    
    移転します。
    長い間、続けさせていただいた脳性麻痺相談室は容量が少なくなり、写真、動いて
    いる写真などをのせることが困難になってきました。
    これから「脳性麻痺の機能改善:続脳性麻痺相談室」に移ります。脳性麻痺相談室と同じ私の考
    え方をこれまでどおり続けますので読んでみて下さい。
    
    「脳性麻痺機能改善の話し:続脳性麻痺相談室」
    http://www5f.biglobe.ne.jp/~tayu/
    
    
    ここでも続いています(更新中)
    なお「脳性麻痺の機能改善:続脳性麻痺相談室」の本文(写真が含まれない)は、
    この脳性麻痺相談室にも載せますので、御参照ください。
    2004.10.30日更新:シリーズ:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 後方除圧手術の問題点
    2004.11.13日更新:シリーズ:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療前方除圧固定術、もう一つの手技
    2004.11.20日更新:シリーズ:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 頚部筋解離術も考えてみましょう。
    
    2004.12.21日更新:シリーズ:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 二つの異なった筋解離術
    2004.12.21日更新:シリーズ5:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 ポツリヌス注射では頚部の痙性は十分にとれない
    2004.12.21日更新:シリーズ6:アテトーゼ頚椎症性脊髄症の治療 患者さんからのお便り
    2004.12.21日更新:肩と肘の手術:腕が使える、御飯が食べれる