281                            

2018年6月定例会について

 2018年8月3日

  宇治市議会6月定例会(6月1日〜27日)で、市内23校・園学校・幼稚園ブロック塀撤去 など予算6000万円を決定しました。7月から公共料金一斉値上げが強行されました。市民負担増、サービス切り捨てよりも88億円歴史公園を縮小見直しすべきです。

(1)23校・園でブロック塀撤去、フェンス化へ6000万円予算

 宇治市の23の市立小中学校・幼稚園のブロック塀に倒壊危険性があることから、ブロック塀を撤去し、フェンスを設置することになり、6000万円の予算が6月28日の市議会で決まりました。

 これまでの調査で21校36カ所で建築基準法に適合していないことが判明しています。建築基準法が改正され、2016年から、学校などの「特定建築物」は、3年に一度の定期点検が義務付けられました。ところが、宇治市こ定期点検報告書を地下倉庫などにしまいこんで、今なお詳細不明です。定期点検報告によれば、4校でブロック塀について是正すべきと報告されていたにも関わらず、この間、放置していました。 

 また、19学校で建築基準法基準を満たしていなかったのですから、法定検査で見落としがあったことになります。ブロック塀以外でも学校施設の「是正」が指摘されていることが判明。学校以外の公共施設を含めた全容解明が急がれます。
 
  また、党市議団、通学路点検をすぐにすべきだと要求しました。市教委は、保護者などから危険性指摘や要望があれば、通学路変更などに応じるとしましたが、すぐに調査し対応しようとし ていません。

(2)太閤堤跡の88億円歴史公園計画、PFI事業者の提案を定例会に示さず
 
 総額88億円をかけてつくる太閤堤跡「歴史公園」は、事業者と契約や指定管理契約や施設設置条例が9月定例会などに提案されようとしており、これを市議会が可決するか否決するかによって、事業推進もしく事業中止が決定されることになります。 同歴史公園予算は2度議会が削除していましたが、昨年(2017年)6月定例会で、市長提案の25.4億円債務負担行為(将来財政負担を決める予算こと)を自民・公明・民進(現・未来)と維新一人と無会派議員が賛成し、可決されていました。

 議会が議決判断をするために、PFI事業者の提案内容を議会側が見て判断する必要があり ます。ところが事業者が「グループ企業のノウハウが公表される事で構成企業に不利益が生じる懸念や今後の企業などと交渉を円滑に行う上で支障が生じる恐れがある」として議会へ報告を拒否し、6月定例会中には、報告がされませんでした。党市議団は、その後も議会へ全面的な報告を求め ています。(閉会後7月建設水道常任委員会に報告された事業者提案は、黒塗りだらけの資料になっています。)

(3)88億円歴史公園やめて、市民サービス切り捨ての撤回を

 7月から宇治市公共料金値上げラッシュです。
 13ヵ所ある駐輪場自転車(一般、屋根なし)は、1ヵ月定期で2100円(現1500円)と40%の値上げ、原付自転車(学生・一般、屋根なし)は、3200円(同2100円)と52%の大幅アップです。 西宇治公園体育館の使用料は、11%、グラウンドで20%増。テニスコートは、東山公園と黄檗公園 が11%の値上げ。植物公園は、入園料を大人600円と20%増額。市斎場市民が利用する場合に20%値上げです。

 文化センター大小ホール、中央公民館展示室使用料は、10%増。生涯学習センターでは、第1 ホール(全日使用)が24.6%増。コミセン大会議室の使用料などが25%増。ゆめりあうじの会議室も25%アップしました。

 このほか産業会館、産業振興センター、アクトパル宇治、巨椋ふれあい運動ひろば、市立学校施設使用料も値上げ、また各種督促手数料も70円(同50円)に引き上げられ、まさに値上げラッシュ です。

 この値上げ、市財政健全化推進プランにもとづくもですが、来年度以降、町内会などに対する古紙回収助成打ち切りや有料ゴミ袋導入、市集会所統廃合などさらなる市民サービスカットが計画されています。

(4)暮らしを守る建設的な提案・・・市民の声を市政に届けて実現へ全力

  党議員一般質問などを通じ暮らしを守る具体的で道理ある提案をしてきました。 空き家を利用した住宅確保策を求める質問に対し、市「検討していきたい」と答弁しました。 近鉄伊勢田駅駅員配置時間短縮について、元どおり配置すべきと追及に市「(近鉄に) 地域要望や議会から意見を伝えていきたい」と答弁し、その後市は、近鉄に要請をしました。

  生産緑地の下限面積を300㎡にし市街地農地を守るべきと追及に市は「検討」を約しました。 高齢者等の移動手段確保を求める質問に対し「移動困難者がおられる」と実情を認めました。 近鉄小倉駅周辺整備と駅前広場、地下通路バリアフリー化を求める追及をしたのに対し、市長は 「検討委員会で議論いただく」と答えました。

(5)カジノ推進とセットの「万博誘致決議」・・・共産以外の賛成で可決

  刑法が禁じた賭博を合法化するカジノ解禁推進法(IR法)には、国会で野党共闘で反対をしてき ました。宇治市議会で「2025年国際博覧会誘致に関する決議」案を自民・公明などが提出しまし た。「万博」は、大阪湾夢洲にカジノとセットで推進しようとするが狙いです。共産党は反対しま したが、共産以外の議員が賛成し可決されました。
 共産党が提出した「安倍首相辞任に関する決議」は、共産以外が反対し否決となりました。