就学援助・入学準備金 
やっと小学生も来年から入学前に支給に
 

2018年9月9日(1185号)
 
 宇治市教委は、9月5日の文教福祉常任委員会に、就学援助にかかる入学準備金について、来年4月に入学予定の児童について入学前の3月に支給することを報告しました。

 昨年3月定例会の代表質問で宮本議員が、就学援助の入学準備金について、制度の趣旨からも入学前に支給すべきだと求めていました。

 市教委は、今年4月に中学校入学する児童についてのみ、3月に入学準備金を支給しましたが、小学校へ入学の児童については、入学後に就学援助の申請を受け付け、決定・支給は夏休み前となりました。
 宮本議員は、今年の3月定例会で、小学校入学の児童についても入学前に支給すべきだと求め、教育部長は「未就学児童の家庭が対象となることから、就学援助制度の周知を始め、審査に必要な書類のやりとりなど事務整理に時間を要する」と答弁していましたが、10月に新入学児童の保護者へ案内し、入学前の3月に支給することにしたとのことです。

 ただ、「入学準備金は入学前に支給するが、給食費や学級費などの就学援助については、入学後に改めて申請をしてもらう」とのことであり、宮本議員は、「すでに就学援助の申請をし、その内の入学準備金の支給だから、改めての申請は求める必要はないのではないか」と指摘し、教育部長は「検討したい」と答弁しました。