ことわざ・慣用句誤用辞典

                              トップページへ

●どの面下げて恥ずかしげもなく。

 忘年会では、どの面下げて、か

 くし芸をしようかな。

    最近は、いろんな仮面が出回ってる

    そうや。

                         (2002年11月12日)




●手を替え品を替えいろんな方法を試してみること。

 手を替え品を替えるマジックに、

 目を見張った。

    そやから、手品て言うんやろか?

                         (2002年10月7日)




●綱渡りをする危険を冒して行動する

 彼は、綱渡りをするほどのスポ

 ーツマンである。

    危険人物でもあるんとちゃうやろか。

                         (2002年9月24日)




●線香花火のようなあっけなく、はかない様子。

 線香花火のような安い値段だ

 った。

    安い割には、なかなか趣があるで

                         (2002年9月9日)




●大の男成人した一人前の男。否定的な文脈で使われ

  る表現。

 大の男の方は、LLのコーナー

 へどうぞ。

    体は一人前でも、果たして、その中

    身はどうなんやろ?

                        (2002年8月21日)




●危ない橋を渡る危険な、または違法な手段で仕事を

  すること。

 今にもこわれそうな危ない橋

 
を渡っ、ここへやって来た

 んだぜ。

    渡る時に、違法な手段は使てないや

    ろな。

                        (2002年7月23日)




●前後を忘れる酔っ払ったり、強いショックを受けたり

  して、正常な判断ができなくなる。

 前後を忘れて、だれの間に座

 っていいのか、分からなくなっ

 てしまった。

    左右は、覚えてへんのかいな。

                        (2002年7月12日)




●隅に置けない
意外に力を持っていて、侮ることが

  できない。

 タンスが置いてあるので、鏡

 台はもう
隅に置けない

    もう一度、ようく、配置を考えて

    みよやないか。

                        (2002年6月27日)



●手に乗る相手の仕掛けたわなにはまる。

 手に乗るのは、やっぱり申し

 訳ない気がする

    その気持ちを忘れんようにすること

    や

                         (2002年6月17日)



●大の字になる疲れて、ぐっすりと眠ってしまう。失神

 する。

 大の字になるのは簡単だが、

 小の字になるのは難しい

    中の字になるのも、難しそうやなあ

                         (2002年5月21日)



●私腹を肥やす公的な地位を利用して、自分の財産

 を作る。

 私腹を肥やして、ダイエットに

 失敗した

    *ぜいたくなもん、食べたんやろなあ。

                          (2002年5月3日)


●脱帽する敬服すること。相手が凄すぎて、とてもか

 なわないということ。

 脱帽したいが、帽子をかぶっ

 ていなかった。

    また、忘れ物かいな。

                         (2002年4月12日)

 

●釘を刺す相手に念を押すこと。

 釘を刺すと、体から血が出ま

 せんか?

    出るに決まってるわ!

                          (2002年4月4日)

 

●気が重い心が晴れ晴れとしない。

 気が重い時、体重を測ったら、

 重くなっていた。

    ストレス解消に、食べ過ぎたんとちゃうか?

                        (2002年4月1日)

 

●痒い所に手が届くきめ細かな配慮がなされていること。

 痒い所に手が届くほど、長い手

 を持っていると便利である。

    かいてくれる人がそばにいたら、もっと便利

      やで。             (2002年3月16日)

 

●大目玉を食ういたずらや失敗をして、こっぴどく叱られる

  こと。

 卵が大好きなので、母のいない

 隙に、大目玉を食った

    そら、もういっぺん、大目玉を食らうで。

                          (2002年3月3日)

 

●顔に泥を塗る面目を失わせる。恥をかかせる。

 顔に泥を塗ると、顔の肌がツル

 ツルになって若返る。

    自分の顔はええけど、ほかの人の顔には

       せんといてや。

                          (2002年2月27日)

 

●一巻の終わりすべてが終わってしまう、特に身を滅ぼす

    ことをさす。

 全13巻のうち、ようやく一巻

の終わりだ。

    残りを読む体力、もう残ってへんのとちゃ

       うやろか?

                          (2002年2月17日)

 

●明日は明日の風が吹く世の中なんとかなるものだ

   から、心配しても仕方がない。

 明日の天気は晴れ、明日は明日

 の風が吹くでしょう。

    やけっぱちな天気予報やなあ。

                          (2002年2月10日)

 

●百歩譲って相手の意見を多少受け入れても、自分の根

   本的な主張は絶対変えないという意志を表す。

 百歩譲ってやるのはいいが、百

 十歩以上はダメだ。

    百五歩は、どないやろ?

                           (2002年2月7日)

 

●捨てたものではない一見、ダメになったように思えるが、

   まだ役に立つ。

 その紙切れは、私が捨てたもの

 ではない

    紙切れに、飛び切りのアイデアが書いてあ

       るかもしれへんで。

                           (2002年2月3日)

 

●朝飯前たやすくできること。

 散歩に行くのは、朝飯前である。

    毎日続けるんは、なかなかでけへんのに

       なあ。

                          (2002年1月31日)

 

●出血サービス損害や犠牲を出してまでも、奉仕をして

   いるという大げさな表現。

 今日のプロレスの試合は、出血

 大サービスだった

    それも、ひょっとしたらサービスの一つか

       もしれへんで。

                          (2002年1月26日)

 

●頭が高い生意気で横着である。

 彼は、190センチの大男で、

 頭が高い

    普通は、それを“背が高い”て、言うんや

       けどな。

                          (2002年1月22日)

 

●決まりが悪い体裁が悪く、恥ずかしい。

 決まりが悪いので、だれ一人と

 して、守る者はいなかった。

    一人ぐらいおってくれたって、ええと思うん

      んやけど…。

                          (2002年1月19日)

 

●席の暖まる暇もないゆっくり座る間もないほど、非常

  に忙しい様子。

 席の暖まる暇もないほど、寒い

 1日だった。

    寒い日には、運動して体を暖めるんが一

      番や。やっぱり流し打ちするんやろか?

                         (2002年1月16日)

 

●雪崩を打つ大勢の人が、一度にどっと動き出す様子。

 雪崩を打つのは、イチローでも

 難しい

    やっぱり流し打ちするんやろか?

                         (2002年1月12日)

 

●温度差がある物事の解釈や受け取り方に、微妙に違

  いが生じていること。

 窓際とそうでない場所では、だ

 いぶ温度差がある

    物理的にも、心理的にも差があるやろな

       あ。

                         (2002年1月8日)

 

●重箱の隅をつつくどうでもいい小さなことを、うるさく言う。

 重箱の隅をつついてばかりいる

 ので、隅だけが傷んできた

    論理的には、間違うてないけど…。

                         (2001年12月29日)

 

●色を失うびっくりしたり、がっかりしたりして、顔色が悪く

   なる様子。

 テレビの寿命が近づいているの

 か、画面から色を失ってしま

 った

    *どの番組を見ても、精彩を欠いたように見

       えるやろなあ。

                         (2001年12月22日)

 

●四の五の言う相手のやることにいちいち文句をつける。

 四の五の言うので、六の七の言

 ってやった

    数が多ければええゆうもんでも、ないと思

       うけど…。

                         (2001年12月19日)

 

●行間を読む文章に表されていない作者の心情などをく

   みとること。

 行間を読んでいると、誤字を見

 つけた

    *そんなアホな!

                         (2001年12月15日)

 

●閑古鳥が鳴く客がほとんど来ないで、さびしくひまな様

   子。

 閑古鳥が鳴いていたので、双眼

 鏡で観察した

    閑古鳥て、渡り鳥の一種やろか?

                          (2001年12月5日)

 

●借りてきた猫いつもと違って、非常におとなしくしている

   様子。

 借りてきた猫が鳴いてうるさい

 ので、返しに行った

    猫を貸し借りするて、どんな付き合いしてん

       ねん。それを、嘘八百て言うんやで。

                          (2001年11月29日)

 

●嘘八百を並べるうそばかり言うこと。

 嘘八百を並べて、ドミノ倒しを

 した

    それを、嘘八百て言うんやで。

                          (2001年11月24日)

 

●親の顔が見たい子どもや若者の非常識な行動を見て、

   ぼやいたり呆れたりする時の、きまり文句。

 婚約指輪を買う前に、きみの

 の顔が見たい

    こんなこと言うて、婚約解消されんかった

       らええけどなあ。

                          (2001年11月18日)

 

●押し出しがいい恰幅がよく、堂々としている。

 横綱の得意技はたくさんあるが、

 特にその中でも押し出しがいい

    あの横綱は、ええ体格してるからなあ。

                          (2001年11月16日)

 

●いい薬になるいろんな苦しい失敗や経験が、その人を

    成長させるのに役立つ。

 正露丸は、彼にとっていい薬にな

 っている

    正露丸で胃腸は良うなっても、失敗のクセは

       直らへんで。

                          (2001年11月13日)

 

●痛くもない腹を探られるなんの関係もないのに、疑

    われること。

 頭痛で病院に行ったのに、痛くも

 ない腹を探られた

    自覚症状がないゆうのも、問題やなあ。

                           (2001年11月9日)

 

●大風呂敷を広げるできそうもないことを大げさに言う。

 大きなお土産だったので、1辺が

 20mもある大風呂敷を広げ、ク

 レーンを使って包んでもらった

    ウソを言うのにも、限度ゆうもんがあるで。

                           (2001年11月1日)

 

●虫が好かないはっきりとした理由はないが、なんと

     なく気に食わない。

 あの人とは、同じ虫が好かない

 で、とても仲が良い

    虫の名前は、なんて言うんやろ

                           (2001年10月30日)

 

●首根っこを押さえる相手の弱点を握って、有無を言

     わせないようにすること。

 首根っこを押さえながら、マッサ

 ージをした

    *気持ちええんか、苦しいんか、よう分からんわ。

                           (2001年10月24日)

 

●地獄の一丁目とても恐ろしい所。破滅の状態に向

     かっていく初期の段階。

 地獄の一丁目の郵便番号は、何番で

 すか?

    459−0001とちゃうやろか?

                           (2001年10月16日)

 

●バスに乗り遅れる時流についていけないこと。

 バスに乗り遅れたので、タクシーで

 行った

    失敗すると金がかかるゆう教訓や。

                           (2001年10月10日)

 

●火の車経済状態がとても苦しいこと。

 火の車にも、水の車にも、乗りたい

 とは思わない

    金の車やったら、乗ってみたい気がするけどな。

                           (2001年10月6日)

 

●他人の飯を食う親元を離れて、他の家で生活するこ

     と。実社会で経験を積むこと。

 ぼんやりしていて、他人の飯を食っ

 しまった

    よっぽど、疲れていたんやろうなあ。

                           (2001年10月3日)

 

●黄色い声若い女性や子どもの甲高い声。

 いっこく堂なら、黄色い声はもちろ

 ん、青い声、赤い声、黒い声、白

 い声まで、なんでも出せる

   *さすが色男、いっこく堂!

                           (2001年9月27日)

 

●どたキャン約束を直前に取り消すこと。土壇場キャンセ

    ルの省略。

 「どたキャン!」と、隣の犬が騒が

 しい

   *犬にも、犬の事情があるんやろなあ。

                           (2001年9月24日)

 

●心臓に毛がはえている常識的には考えられない

  ほど、厚かましいこと。

 心臓に毛がはえているので、脱毛剤

 を飲んだ

   *処方箋は、出てたんやろか?

                           (2001年9月22日)

 

●甲乙つけがたい両方とも、優劣をつけがたいほど優

  れていること。

 甲乙つけがたいので、“優”と“良”

 をつけた

   *確かに、今時、甲と乙なんか、つけへんわなあ。

                           (2001年9月19日)

 

●木で鼻をくくる冷たく無愛想に応答すること。

 くしゃみが止まらないので、木で鼻

 をくくった

   *良い子は、マネしたらアカンで。

                           (2001年9月17日)

 

●ゴボウ抜きにする競走で、一気に大人数を抜き去

   ること。

 苦手なゴボウ抜きにして、野菜の天

 ぷらを作った

   *好き嫌いしたら、アカンでェ。

                           (2001年9月11日)

 

●蜘蛛の子を散らす突然、四方八方へ多くの人が逃

   げ出す様子。

 蜘蛛の子を散らしたが、蜘蛛の親は

 そこにとどまっていた

   *さすがに、ええ根性してるわ。

                           (2001年9月8日)

 

●ガラス張り隠し立てがなく、よく分かる状態。

 ガラス張りにすると、割れやすい

   *おまけに、くもりガラスゆうんもあるから、透明か

    どうかも分からへん。

                           (2001年9月7日)

 

●大口を叩く偉そうに大げさなことを言う。

 あんまり横着なことを言うので、彼

 の大口を叩いてやった

   *暴力はアカン言うてるやろ。

                           (2001年9月6日)

 

●甘い汁を吸う他人を利用し、自分は何も苦労や努力を

   せずに、利益を得ること。非常に危険な状態が迫っている。

 私は甘党なので、甘い汁を吸うのが

 好きだ

   *味覚の好みが、人生観まで左右してんのやな

    あ。

                           (2001年9月5日)

 

●赤信号が灯る非常に危険な状態が迫っている。

 近所の交差点に、赤信号が灯った。

   *赤信号だけやのうて、青信号も黄信号も灯っ

    たはずや。

                           (2001年9月4日)